ゴールデンタイムとワンダウォール・ネット、MaaS関連の事業を中心に業務提携契約に合意

2019年9月1日
ゴールデンタイム株式会社
ワンダウォール・ネット

〜今後需要が期待されるMaaSとインバウンド向け新サービスを協業で開発〜

ゴールデンタイム株式会社(本社:東京都渋谷区社長:小塩裕一)とワンダウォール・ネット(本社:東京都中央区代表:今井健史)は、様々なデジタルデバイスを活用したサービスを共同開発し、エンドユーザーの利便性の向上を目的とした業務提携契約を締結いたしました。

両社は将来的に需要が期待されるMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の基本概念を用いて、国内需要やインバウンドと呼ばれる増加傾向の訪日外国人観光客の移動時の利便性向上や、災害時等も含めたリアルタイムの情報提供等のサービスに取り組む事で合意いたしました。


■本件の概要
「ワンダウォール・ネットが企画・設計・開発を行う位置情報モバイルアプリケーションであるTopo Card(トポ・カード)」のプラットホームをベースに、中・大規模なコンテンツコンテンツをターゲットとして、旅行者向サービスとして最適化し新たな開発を行います。
旅行の計画段階から現地での体験、旅行の終了までを一貫して利用できるサービスとなります。さらに様々な外部サービスと連携する事により、観光客の充実した旅行と地域活性化につながる事を目指します。

外部連携例:列車予約、航空券予約、宿泊予約、レストラン予約、タクシー配車、レンタカー予約、各種電子マネー、電子クーポン、電子チケット、天気予報、交通情報、サブスクリプション音楽連携、各種SNS連携などを計画。
具体的なサービスに関しては、決まり次第随時お知らせいたします。

ゴールデンタイムでは今後も先端的なデジタルテクノロジーを活用しながら、新しい価値の創造にチャレンジし、さらなるサービスの充実を目指してまいります。

■ワンダウォール・ネットのウェブサイトはこちら
■Topo Cardの詳しい情報とインストールに関しては
こちら


プレスリリースに関してのお問い合わせはこちら→

ホームページへ戻る→