ExecutiveTeams

CorporateChiefOfficer

小塩 裕一 Yuichi Koshio

CE

1967年生まれ 仙台市出身
ゴールデンタイム株式会社代表
青春時代はゴリゴリのテクノ時代のド真ん中

1980年後半
米エンソニック インコーポレイテッドの日本法人で、シンセサイザーやサンプラーの開発とアーティストリレーションを行う。時を同じくMIDIデータ(演奏データ)を通信回線で伝送する世界初の通信カラオケマシンの開発を行い現在のカラオケ環境の礎を築く。

1990年前半
米マーク・オブ・ザ・ユニコーン社の日本代理店に勤務。DTMやDAW等のプロフェッショナルな音楽制作環境の普及とサポートに従事する。

1990年代中盤
WOW株式会社を高橋会長と共に創業。インターネット黎明期にウェブサイトやECサイトのプロデュースと開発をワンストップで行うサービスを始め、コンピューターグラフィックを多用したコンテンツの開発から、ブロードキャスト向けの映像制作を軸にテレビコマーシャルやビデオプロモーション等の制作を行う。

1990年代後半
国の施策によりPC等の操作による医療ミスのリサーチと対策を行う実証実験に講師として参加。(旧)古川女子高等学校衛生看護科及び(旧)白石女子高等学校衛生看護科でカリキュラム構築と講義を行う。

2000年前半
現在のASA DIGITAL(旧dmp)に入社。企業やブランドのウェブサイトやウェブムービーのプロデュース。後にモバイル系のコンテンツプロデュースを経て数々のスマートフォンメーカーの公式サービスのプロデュースを行い、セレクトショップとの協業やタイアップ、スマートフォン向けのサービスのプロデュースも行う。

2019年8月
ゴールデンタイム株式会社がスタート。WOW株式会社高橋会長とジョインし2度目の創業を実行、現在までのキャリアを活かし未開の時代を創造したプロデュースを標榜する。


Executive Director

主藤 正道 Masamichi Shuto

Profile.jpg

宮城県仙台市出身

1991年 中央大学文学部仏文学専攻卒業
TVCM制作会社 東京コマーシャルフィルム入社。
1995年、TVCM制作会社 AOI Pro.へ移籍。

プロデューサーとしてTVCM、ミュージックビデオ等の制作を行い、特に自動車のCMを多く手がけていた。系列のWEB制作会社 aoi-dcでは、TVCM並みの高品質動画を活用したWEBリッチコンテンツを数多く手がける。BA(Business Architects)、Quark tokyoでは、 TVCM、WEBサイトの制作ノウハウを活かし、SNSを効果的に活用してWEBコンサルティングとコンテンツ制作を一連で行うデータマーケティングのプロデュースとマネジメントに従事。

2019年8月よりゴールデンタイム株式会社に参画。
企業、自治体等のブランディング、コミュニケーション、プロモーション課題をデジタル、ビジュアル、アナログのツールを用いて設計・展開のプランニング・プロデュースを行う。

主な実績クライアント:(TVCM、WEBコンテンツ等:順不同)
トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車工業、SUBARU、資生堂、日本リーバ、サッポロビール、サントリー、キリンビバレッジ、UCC、パナソニック、シャープ、三菱UFJ銀行、じぶん銀行、OCN、ニトリ、ブリヂストンサイクル、大正製薬、Looop  等

主なミュージックビデオ:
SMAP、MISIA、Kiroro 等


Producer/Planner

亀田 和彦 Kazuhiko Kameda

kameda

1975年 東京生まれ。

1998年よりCM制作会社にて、プロダクションマネージメント、プロデュースを務める。

2006年よりVisual Design Studio “WOW”に参加。プロデューサーとして、国内外の常設やイベントでの空間演出から、CM広告、通信・家電・車などのユーザー・インターフェイスや先行研究開発、各種企業のブランディング、新しい商品や技術の開発プロジェクトまで、様々な分野のデザインプロデュースを手がける。

2013年4月、シナプティック・デザインズ株式会社を設立。 代表取締役に就任。

クライアント/パートナーから求められている要求に対して、映像や広告的なマーケティング手法にとらわれることなく、その目的に最適な表現、手法、チームをその都度紡ぎ出し、クライアントとユーザーを結びつけるより良き関係性、コミュニケーションのデザインを目的として多岐にわたるプロジェクトに携わる。

また一方で、日本に芽吹く様々な技術を世界へ届けるための、ビジネスとクリエイティブとエンジニアリングを統合したビジネスインキュベーションを為すべく、日本と世界、技術と人、そしてユーザーと未来の可能性を広げ続ける。

ビジネスにクリエイティブを、クリエイティブにビジネスを。

世界中の人々の豊かさを生み出すために、社会的機能を果たす時代の要求を、コミュニケーションデザインし続ける。

2019年9月からゴールデンタイムのプロデューサー/プランナーとして参画している。


Technical Director

今井 健史 KenG Imai

keng-b&w.png

1970年4月、北海道出身

’90年代初頭にプログラム・エンジニアとしてキャリアを開始。その後、コンピューター技術はメディアと結びつくことが大きな潮流になるという判断から、DTP/CD-ROM時代に雑誌編集者へ転職。コンピューターによるコンテンツ制作を実践する。その経験を踏まえて、国内でインターネットの一般利用が始まった1995年からWebの先端技術を活用したメディアおよびサービス構築を行い、2000年からフリーランスとして独立して現在に至る。

独立後は常にテクノロジーとクリエイティヴが交差する点に自らの職能を発揮。代表的な仕事として、Appleでマーケティングコミュニケーション部門でのクリエイティブ業務(2002年〜2007年)、位置情報とSNSを融合したiPhoneアプリケーション 「ランブリン」の企画立案および設計・運営(2008年〜2011年)、MWS(佐野元春Official Web)は1995年から現在まで継続して制作。最近はWebサイト/モバイル向けアプリケーションの制作・運営ディレクション業務、ITドキュメントの編集・制作を中心に、自社事業として「場所がもっと便利になる」をテーマとした位置情報メッセージング・アプリケーション「Topo Card」の企画立案 および設計・開発・管理を行っている。

2019年8月にゴールデンタイム株式会社と業務提携し、事業に参画している。